【2020年度】ふるさと納税第一弾は、おしゃれ鍋ストウブを楽天ふるさと納税で手に入れました

2 min 13 views
しゅん

しゅん

こんにちは!「EUS channel」のブログ運営者のしゅんと申します。 O型で趣味はEUSです。某EUS・ERCP high volume centerに勤めています。

EUSが好きすぎてこのサイトを作りましたが、もともとは白黒画像のEUSになんて全く興味はありませんでした。しかしEUSを実施するにつれて、早期膵癌の発見、ソナゾイド造影の美しさ、EUSガイド下ドレナージの患者満足度の高さを知るうちにどっぷりつかってしまい、自分自身にとって無くてはならない手技・存在になっていました。また、多くの膵がんの患者様を診療する中で、早期発見のためのEUSの大切さを実感するようになりましたが、全国でのEUS普及率はまだまだ低い状況であることもわかってきました。私の目標はこのサイトを通じてEUSを世の中へもっと普及させることで、日本全国の膵がん患者の予後改善に寄与することです。駄文ですが読んでいただければ幸いです。

 

ふるさと納税第一弾

ボーナスも入ったのでふるさと納税には、ベストタイミングです。

今年のふるさと納税第一弾はこれ!

 

岐阜県関市への納税で

 

ストウブのお鍋がとどきました。

 
めっちゃおしゃれです。詳しい説明は公式に譲りますが、

ふたの構造が独特で、鍋の中の水分が循環するようにできています。
これにより蒸気にとけた素材の味がまた素材にかえり、
日々のごはんが美味しくできます。

今回楽天ふるさと納税でこのストウブをいただきました。

楽天ふるさと納税でStaubがもらえます。

「楽天ふるさと納税」は「ポイント還元率」がすごく高いために選択しました。
普段は、
①通常還元が1%
②SPU(ポイントUP制度)で+最大15%
③買い周りキャンペーンで+最大9%
合計で最大25%ものポイント還元を受けることができます。

5万円のふるさと納税を行って25%のポイント還元!
最大8000円相当のポイントをもらうとどうなるでしょうか?

ふるさと納税は「実質負担2,000円」で行うことができます。
税金として50000円納税しておしゃれなお鍋をもらい、
48000円分の税金を引いてもらうだけでなく、
さらに最大8000円分のポイントがもらえる。

関市に50000円のふるさと納税を行うと、
 おしゃれ鍋ストウブ1個
+最大8000円分のポイント
+税金48000円の支払い
が発生します。

よくわからないくらい得ですね!!

 

 

 

ふるさと納税は医師に必須の節税です。

ふるさと納税制度は皆様御存知の通り医師必須の節税です。
所得税がもっとも厳しい収入帯である私達の税金が相当控除されます。

年収と家族構成により可能な額は異なりますが、

1000万円なら控除額は約15万円
1500万円なら控除額は約35万円
2000万円なら控除額は約50万円になります。

この15-30万円を地方自治体に納税すると、納税額に合わせた返礼品がもらえるのがふるさと納税のシステムです。

すなわちこの制度を利用しなければ年収1000万円の方であれば15万円を、
2000万円の方なら35万円をドブに捨てるようなものであり、非常にもったいないですね。

控除額シミュレーター(詳細な金額は、ここでご確認ください)

ふるさと納税の注意点

ふるさと納税で税金を還元できるのは魅力ですが、

12月31日までで2020年度分は終了です。12月になるとみんな焦って注文が殺到するので急ぎましょう。

だいたいいい感じの商品は12月にはなくなっています。
早めに注文しないといいものは本当に一瞬でなくなってしまうんです。

また、年末など一時期に注文しすぎると、家計を圧迫します。
ただでさえお金のかかる年末に+10ー20万くらい頼むときついこともあります。
結果的には節税されるのですが、その恩恵は翌年の確定申告まで得られないからです。

 

資金面と、良い品を効率よく入手するためには、
定期的にちょこちょこ頼むか、ボーナスのたびに注文することが大切です。
楽天ふるさと納税の場合はキャンペーンのタイミングで買うのがお得でしょう。
また食べ物系は還元率が高めですが、大量に同じ食べ物がきても食べきれずくさってしまうこともあり注意です、、、

ふるさと納税は、費用対効果が非常に高い節税であるため、
上記の注意をふまえて定期的、計画的な注文を心がけましょう!

しゅん

しゅん

こんにちは!「EUS channel」のブログ運営者のしゅんと申します。 O型で趣味はEUSです。某EUS・ERCP high volume centerに勤めています。

EUSが好きすぎてこのサイトを作りましたが、もともとは白黒画像のEUSになんて全く興味はありませんでした。しかしEUSを実施するにつれて、早期膵癌の発見、ソナゾイド造影の美しさ、EUSガイド下ドレナージの患者満足度の高さを知るうちにどっぷりつかってしまい、自分自身にとって無くてはならない手技・存在になっていました。また、多くの膵がんの患者様を診療する中で、早期発見のためのEUSの大切さを実感するようになりましたが、全国でのEUS普及率はまだまだ低い状況であることもわかってきました。私の目標はこのサイトを通じてEUSを世の中へもっと普及させることで、日本全国の膵がん患者の予後改善に寄与することです。駄文ですが読んでいただければ幸いです。

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す