EUS channel

e-Learning for EUS

研修医の教育

【研修医1年目】必携役に立つ本ランキングTOP10<2020年度版>

投稿日:2020年4月5日 更新日:

【研修医1年目】必携役に立つ本ランキングTOP10<2020年度版>

 

さて4月になりましたが、来週から研修医がはじまるという方、完全に新生活がはじまりますね。

右も左もわからない中、プロに囲まれて仕事をはじめねばなりません。

看護師さんは当然のように指示を要求してきます。
患者さんにとってはあなたも一人前の医師であり、適切な医療を求められます。

まず何を勉強すればいいのか?
それすらわからずに初日は始まるでしょう。
私も最初の数ヶ月は本当に辛かったです。

 

国家試験のために学んだ知識がまったく日常業務に役に立たないことに愕然とするかもしれません。

そんななか、数々の研修医に愛され続け、たくさんのピンチな状況で役に立つ名著というものがあります。

どの科をローテションしても役に立つ、10年は装備できる、研修医必携の10冊を必要な順にランキング形式で厳選しました。

1.輸液 

 1.改訂第2版 シチュエーションで学ぶ 輸液レッスン

まずは輸液のオーダーをいれれるようになりましょう。輸液いれといて!→自信をもっていれれるようになりましょう。
また、電解質が異常値の時に補正できるようにならねばなりません。本書籍では対話形式でかかれており非常に読みやすいです。

2.3. 感染症

2. 抗菌薬の考え方,使い方 ver.4 魔弾よ、ふたたび…


3. 感染症レジデントマニュアル 第2版

この2冊が最強です。感染症レジデントマニュアルは持ち歩けば必ず役に立ちます。
そして家では抗菌薬の考え方使い方を空き時間に熟読しましょう。
この本は私は10年以上みていますが参考にしたり、指導に用いたりいまだに手元から離れません。

・ペニシリン・セフェム系に絞って読むのもおすすめ。その他は使用した時に読めば理解が深まります。
・調べ物はサンフォード治療ガイド、感染症プラチナ等の自分の使いやすいものを使えばgood。
・抗菌薬は添付文書に書いている投与量は信用してはいけません。(PK/PD理論が出てくるより前に開発された薬も多いため)
 この2冊には適切な腎機能障害時の投与量が記載されています。


おまけ:調べものよう


サンフォードは、腎機能の容量調節に便利。
created by Rinker
メディカル・サイエンス・インターナショナル

小さくてもちはこびしやすい。

何科にいったとしても感染症への対応は最重要となります。いつかは学ばねばなりません。今勉強してください。

4.5.  当直、救急外来、時間外対応

この1冊にも5年以上助けられています。オーベンよりも困って相談した回数は確実に多いです。この1冊があれば救急当直でほとんどの患者に対応可能です。個人的には本よりも電子書籍がおすすめです。アナログ派の方は本でどうぞ。

「心筋梗塞」

「不整脈」

「脳梗塞」

「吐血」

「意識障害」

「外傷」

この一冊で入り口はすべて大丈夫です。

4.当直医マニュアル



5.救急外来ただいま診断中

・救急外来での対応についてcommonな病態ごとに良くまとまっている。
・調べ物というよりは読み物。レイアウトが見やすく読みやすいため、個人的には救急系の中でおすすめできる本。ただこの系統の本は当直御法度などたくさんあるため自分が読みやすいと思う本で十分。他の本でもおおよその内容は同じ。

6.薬の処方

この本は一生必要な本です。

なぜなら

毎年新しく薬が出続けるからです。

ジェネリックの薬が無数にあるからです。

さらに商品名と薬剤名が違うからです。

 

個別の薬それぞれの解説も役立ちますが、章別に薬の機序と使い分けなどが簡潔にわかりやすくかかれています。

先輩のこの薬の処方の意味はなんなのか? 

患者さんから「先生、〇〇の薬が欲しいです。」

→ベストアンサーが本書にはしっかり記載されています。必携です。

ちょっと重いので電子書籍でもいいかもしれません。アナログ派であれば購入を。

7−10. 病棟業務 内科系レジデントに側においてほしい本

・非常にコンパクトな使い勝手の良い一冊。
・救急から病棟対応までcommonな疾患・病態について具体的な処方も含めて記載されている。
・胸腔-腰椎穿刺をはじめ、CV・PICC挿入、挿管など内科で必要な最低限の手技についても簡潔にまとめられている。
・聖路加国際病院が編集しており、内科としての最新のエビデンスは保証されている。

・研修医の一冊として人気の高い本
・レジデントマニュアルと同じく聖路加国際病院がまとめている。重なる部分もあるが、病棟対応メインに詳しく書かれている。

9.フェルソン読める!胸部X線写真―楽しく覚える基礎と実践

胸部レントゲンはこれが秀逸。一読しておきましょう。

おまけ:放射線科をまわる時には持っておきたい一冊

心電図は一人で読むことが求められる場面も多いです。読めねばなりません。
頼りになるオーベンばかりではないのです。毎年心筋梗塞の見逃しがあります。

-研修医の教育

執筆者:


コメントを残す

関連記事

消化器内科研修医におすすめの教科書【2020年度版】

消化器内科研修医におすすめの本・教科書【2020年度版】 消化器内科を研修いただきありがとうございます。私達のチームに回ってくるたくさんの研修医のために書籍のまとめを作成しました。 消化器内科をもっと …

【研修医・学会発表】スライド作成から受賞のための教育と戦略

【研修医・学会発表】スライド作成から受賞のための教育と戦略 研修医A先生学会発表とかしてみたいっす。 shunそういえばこの前すごく珍しい患者さんを一緒にみたね、この人の症例報告をしようか!! 研修医 …

胆嚢に思いを馳せる(胆嚢腺筋腫症メインに)〜Hosshiのつぶやき〜

胆嚢に思いを馳せる(胆嚢腺筋腫症メインに)〜Hosshiのつぶやき〜 こんにちは!!   Hosshiです。   今回は胆嚢について思いを馳せようと思います。   (膵臓 …

【徹底解説】EUS channelをまとめて追加コンテンツを多数追加し一冊の教科書にしました。EUSスクリーニングからFNAまで徹底解説しております。前半は無料公開中です。本書を読めば、EUSを短期間でマスターする助けになります。

世界一やさしいコンベックスEUSの教科書:note

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

#今日のeus #nikebyyou

EUS channel(@euschannel)がシェアした投稿 –

超音波内視鏡(convex EUS)は本当に導入が難しい技術の一つです。また安全のために抑えるべきポイントを理解していないと穿孔することもあり危険です。導入したいと思いながらも導入できない施設も多いのではないでしょうか?

私達の学習メソッド(コンベックス型超音波内視鏡(EUS)トレーニング法 ・描出のコツ:目次 )では約3ヶ月で通常のスクリーニングができるようになります。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。