切除可能膵癌に術前抗癌剤を実施することが、ガイドラインで推奨されました。

1 min 15 views
しゅん

しゅん

こんにちは!「EUS channel」のブログ運営者のしゅんと申します。 O型で趣味はEUSです。某EUS・ERCP high volume centerに勤めています。

EUSが好きすぎてこのサイトを作りましたが、もともとは白黒画像のEUSになんて全く興味はありませんでした。しかしEUSを実施するにつれて、早期膵癌の発見、ソナゾイド造影の美しさ、EUSガイド下ドレナージの患者満足度の高さを知るうちにどっぷりつかってしまい、自分自身にとって無くてはならない手技・存在になっていました。また、多くの膵がんの患者様を診療する中で、早期発見のためのEUSの大切さを実感するようになりましたが、全国でのEUS普及率はまだまだ低い状況であることもわかってきました。私の目標はこのサイトを通じてEUSを世の中へもっと普及させることで、日本全国の膵がん患者の予後改善に寄与することです。駄文ですが読んでいただければ幸いです。

切除可能膵癌も術前抗癌剤(GS療法)が有効であることが証明され、ガイドラインが改訂されています。20191029日に一部改訂)

元々は血管浸潤が強いボーダーライン症例だけでしたが、ついに切除可能膵癌も術前抗癌剤適応となりました。

膵癌治療にかかわる方は知らないと患者さんに不利益があるためご注意ください。

切除できる段階で見つかったのに、抗癌剤をしましょうと言われるとびっくりされる患者さんもいらっしゃいます。

「術前抗癌剤が必要な理由は、日本の臨床試験の結果で延命効果が証明されたからです。」

しっかりと理由を説明していただければ納得いただけると思います。

 

詳細は膵臓学会HPでご確認ください!

膵癌診療ガイドライン2019 改訂部分有り(2019/10/29)/下の2項を参照

*膵癌診療ガイドライン2019 P176~179 RA1改訂

*膵癌診療ガイドライン2019 P93治療アルゴリズム改訂

 

 

 

しゅん

しゅん

こんにちは!「EUS channel」のブログ運営者のしゅんと申します。 O型で趣味はEUSです。某EUS・ERCP high volume centerに勤めています。

EUSが好きすぎてこのサイトを作りましたが、もともとは白黒画像のEUSになんて全く興味はありませんでした。しかしEUSを実施するにつれて、早期膵癌の発見、ソナゾイド造影の美しさ、EUSガイド下ドレナージの患者満足度の高さを知るうちにどっぷりつかってしまい、自分自身にとって無くてはならない手技・存在になっていました。また、多くの膵がんの患者様を診療する中で、早期発見のためのEUSの大切さを実感するようになりましたが、全国でのEUS普及率はまだまだ低い状況であることもわかってきました。私の目標はこのサイトを通じてEUSを世の中へもっと普及させることで、日本全国の膵がん患者の予後改善に寄与することです。駄文ですが読んでいただければ幸いです。

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す