早期慢性膵炎って、早期か慢性か、どっちやねん

1 min 8 views
しゅん

しゅん

こんにちは!「EUS channel」のブログ運営者のしゅんと申します。 O型で趣味はEUSです。某EUS・ERCP high volume centerに勤めています。

EUSが好きすぎてこのサイトを作りましたが、もともとは白黒画像のEUSになんて全く興味はありませんでした。しかしEUSを実施するにつれて、早期膵癌の発見、ソナゾイド造影の美しさ、EUSガイド下ドレナージの患者満足度の高さを知るうちにどっぷりつかってしまい、自分自身にとって無くてはならない手技・存在になっていました。また、多くの膵がんの患者様を診療する中で、早期発見のためのEUSの大切さを実感するようになりましたが、全国でのEUS普及率はまだまだ低い状況であることもわかってきました。私の目標はこのサイトを通じてEUSを世の中へもっと普及させることで、日本全国の膵がん患者の予後改善に寄与することです。駄文ですが読んでいただければ幸いです。

早期慢性膵炎って、早期か慢性か、どっちやねん

どうもshunです。いきなり関西弁です。絶妙なネーミングである早期慢性膵炎。
この言葉に惑わされる方は多いと思いますので解説していきます。

 

肝硬変に代償期があるように、慢性膵炎にも代償期がある!それが、早期慢性膵炎です。

お酒をやめたら膵臓が元気になる状態が早期慢性膵炎ですが、もうやめても膵臓がボロボロすぎて戻らないというのが慢性膵炎と言う考え方です。

 

慢性膵炎臨床診断基準2019で(膵臓学会HPからダウンロードできます)

早期慢性膵炎の定義が改訂されました!

 

 

日本で明確にeus所見が定義されたのは初めてです。

注意すべきことは、早期慢性膵炎は臨床症状の縛りがあります。eus所見だけで早期慢性膵炎と診断することはまだできません。

また、現状は早期慢性膵炎と言う概念もまだふわっとしていて組織的な裏付けもない曖昧なものです。

今後しっかりと診断基準が定まれば、後戻りできないところまで進む前に治療介入ができるかもしれませんね。

 

by shun

しゅん

しゅん

こんにちは!「EUS channel」のブログ運営者のしゅんと申します。 O型で趣味はEUSです。某EUS・ERCP high volume centerに勤めています。

EUSが好きすぎてこのサイトを作りましたが、もともとは白黒画像のEUSになんて全く興味はありませんでした。しかしEUSを実施するにつれて、早期膵癌の発見、ソナゾイド造影の美しさ、EUSガイド下ドレナージの患者満足度の高さを知るうちにどっぷりつかってしまい、自分自身にとって無くてはならない手技・存在になっていました。また、多くの膵がんの患者様を診療する中で、早期発見のためのEUSの大切さを実感するようになりましたが、全国でのEUS普及率はまだまだ低い状況であることもわかってきました。私の目標はこのサイトを通じてEUSを世の中へもっと普及させることで、日本全国の膵がん患者の予後改善に寄与することです。駄文ですが読んでいただければ幸いです。

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す