未分類

MEしみずのメモ

投稿日:2022年3月26日 更新日:

MEしみずです。

 

 

EUS観測装置のお勉強(ARIETTA編)

ARIETTAのモードについて簡潔にまとめました。

 

Bモード

・eFocusing

 フォーカスを浅部に合わせたものと、深部に合わせたものを抽出。

 

カラーモード

・FLOWモード(カラードプラ)

血流の有無や血流の流れている方向がわかる。

近づく血流を赤、遠ざかる血流を青で表示する。

 

・パワードプラ

低流量等の感度不良の部分を表示

解像度はほかのモードに比べて劣る

 

・eFLOW

低流速血流を含めた高解像度の血流を表示。

近づく血流を赤紫、遠ざかる血流を青紫で表示。

 

・DFI (Detective Flow Imaging)

eFLOWより低速の血流を表示。

※eFLOWとDFIの原理は秘密らしい

 

・エラストグラフィー

硬さの情報を可視化して良悪性を診断できる。膵腫瘍の硬さなどを測定できる。

 

 

エラストグラフィの原理

①Strain imaging

プローブによる圧迫によって大きくひずむ軟らかい組織と小さくひずむ硬い組織の
ひずみの変化を色付けすることができる。

Strain imaging の特徴

炎症うっ血黄疸等の影響を受けないため線維化を正しく測定できる

線維化のみを検出(繊維化→硬い→がん)

HITACHはこっち。

②Shear wave imaging

せん断波という音波によって組織をひずませて伝搬速度を計算し組織の硬さをみる

Shear wave imagingの特徴

線維化以外の黄疸やうっ血なども含めた硬さの測定可能

測定結果の信頼性を表示する機能がある

しみずメモちょいちょい更新していきたいと思います!

 

 

-未分類

執筆者:


コメントを残す

関連記事

膵がん診療ガイドライン2019の解説 【胆膵ブックレビュー】

患者さん、市民のための、膵がん診療ガイドライン2019でました! ということで、shunも一冊ゲットしました。   患者・市民・医療者をつなぐ 膵がん診療ガイドライン2019の解説 第3版 …

SCNを魚卵(ぎょらん)で例えてみた〜Hosshiのつぶやき〜

こんにちは Hosshiです。     緊急事態宣言・・・解除されましたね。       ひきつづき警戒は必要ですが・・少しだけいろいろやる気でてきた …

上達を遅らせる!?EUS初心者がスキルアップするために注意すべき2つのポイント

はじめまして! 卒後10年目のtmaguと申します。 とあるhigh-volume-centerで勤務しております。 EUSを独学でまなんでいましたが、、、 前勤務先では、まわりにEUS指導医がいなか …

HosshiのEUS上達への道〜その5 基本編③ゆっくり動かす

こんにちはHosshiです。   1月は出張等で忙しくEUS全然やってませんでした!!   2月3月はどんどんEUS入れて一気に上手くなろうと思っている今日この頃です。 &nbsp …

no image

aritonのEUS日記⑧スランプ

間が開きましたが、aritonのEUS日記、しれっと再開です。   スランプです。 苦手な球部は相変わらず出来ず、いままで出来ていた胃内からの膵尾部、膵頭部の観察もなかなか描出できなくなって …

【徹底解説】EUS channelをまとめて追加コンテンツを多数追加し一冊の教科書にしました。EUSスクリーニングからFNAまで徹底解説しております。前半は無料公開中です。本書を読めば、EUSを短期間でマスターする助けになります。

世界一やさしいコンベックスEUSの教科書:note

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

#今日のeus #nikebyyou

EUS channel(@euschannel)がシェアした投稿 –

Twitter でフォロー

超音波内視鏡(convex EUS)は本当に導入が難しい技術の一つです。また安全のために抑えるべきポイントを理解していないと穿孔することもあり危険です。導入したいと思いながらも導入できない施設も多いのではないでしょうか?

私達の学習メソッド(コンベックス型超音波内視鏡(EUS)トレーニング法 ・描出のコツ:目次 )では約3ヶ月で通常のスクリーニングができるようになります。