EUS channel

e-learning for EUS

未分類

MEしみずのメモその2

投稿日:

MEしみずです。その2

どうもMEしみずです。4月の検査で分からなかった点、気になった点をめもしてきました!

1、自己免疫膵炎の見え方

2、divisum

の2点です。

 

1、自己免疫膵炎

4月に自己免疫膵炎のEUS画像について繊維化をすることと膵腫大程度しか覚えていなかったまま検査に臨みました。

白っぽく大きめに膵臓が見えるものかと思っていたところよくわからず検査終了してしまいました。

MEとして診断等に関与しませんが検査が円滑に進むように(?)、自己満のため

調べたことを記していこうと思います。

 

自己免疫膵炎(AIP:autoimmune pancreatitis)
閉塞性黄疸、膵腫瘤のある膵炎でリンパ球の高度な浸潤と線維化があり、
糖質コルチコイドに反応する。

1型と2型のAIPに分類され

1型AIP:IgG4が関連→涙腺腫大、唾液腺腫大を確認

2型AIP:好中球が関連

ほとんど1型のようです。

 

治療は、ステロイドの内服治療が行われる。

進行期で膵石、仮性のう胞、主膵管拡張が来ることもある。

 

AIPに特徴的な所見

膵腫大 つるっとしたソーセージ用の腫大(じゅるり(^q^))

膵管狭細像

Capsule-like rim→被膜様構造

血中IGg4上昇

AIPに特徴的な病理所見は、

花筵状(はなむしろ)線維化

閉塞性静脈炎

リンパ球や形質細胞浸潤

 

EUSでの特異的な見え方としては

膵腫大:頭部は3cm 体部、尾部は2cmをこえる腫大

膵管狭窄があるため膵管はみえにくい。

びまん性の低エコー

被膜用構造があるため膵臓の周囲が低エコーになる

 

が見られることがわかりました。

 

 

2、divisum

検査中に突如と現れたそいつは見たことも聞いたこともありませんでした。

 

Divisum(膵管癒合不全)

腹側膵管(主膵管)と背側膵管(副膵管)が融合せず交通がない

→主膵管には膵液が流れず細い副膵管から膵液が流れる

→膵炎を起こしやすい?(文献による)炎症が起きて症状が出る。

Divisumに特徴的なEUS所見は、

通常球部操作では胆管と膵管は平行になり乳頭にはいっていきますが、

胆管と膵管が乳頭部で合流しないため、副膵管と胆管が直行するようにみえる。

 

日本人には珍しい?ようですが、次回発見した時には見つけられるようにします!

 

-未分類

執筆者:


コメントを残す

関連記事

HosshiのEUS上達への道〜その5 基本編③ゆっくり動かす

こんにちはHosshiです。   1月は出張等で忙しくEUS全然やってませんでした!!   2月3月はどんどんEUS入れて一気に上手くなろうと思っている今日この頃です。 &nbsp …

自己免疫性膵炎診断基準2018

MRCPと病理所見にEUSFNAが追加されたのが大きな改訂ポイントです。 2011年の診断基準では、区域性および限局性腫大の症例では多くの症例でERCPが必要でした。2011年当時はEUSの普及率もあ …

no image

膵癌のstageと切除可能性分類(膵癌取扱規約第7版解説)

膵癌のstage分類、切除可能性分類がネットで検索してもあまりでてこなかったので作成しました。 以下の膵癌取扱規約第7版の解説となります。 膵癌取扱い規約 第7版 created by Ri …

内視鏡学会雑誌へ症例報告を投稿してみた:実践編 F田先生と その①

最近学会も研究会もなくなってしまい若手の先生のエネルギーがありあまっています。 F田先生先生、この間のLECの症例で論文がかきたいです!!! しゅんわかりました!一緒にがんばりましょう!!! このあり …

ASIANEUSいってきました。

ASIAN EUS2019に参加してきました。 EUSについて熱く語る会で第2回のインドから私も参加しています。 第1回は韓国、第2回はインドでした。 今回は東京開催で、北里大学の木田教授が主催されて …

【徹底解説】EUS channelをまとめて追加コンテンツを多数追加し一冊の教科書にしました。EUSスクリーニングからFNAまで徹底解説しております。前半は無料公開中です。本書を読めば、EUSを短期間でマスターする助けになります。

世界一やさしいコンベックスEUSの教科書:note

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

#今日のeus #nikebyyou

EUS channel(@euschannel)がシェアした投稿 –

Twitter でフォロー

超音波内視鏡(convex EUS)は本当に導入が難しい技術の一つです。また安全のために抑えるべきポイントを理解していないと穿孔することもあり危険です。導入したいと思いながらも導入できない施設も多いのではないでしょうか?

私達の学習メソッド(コンベックス型超音波内視鏡(EUS)トレーニング法 ・描出のコツ:目次 )では約3ヶ月で通常のスクリーニングができるようになります。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。