EUS channel

e-learning for EUS

論文

内視鏡学会雑誌へ症例報告を投稿してみた:実践編 F田先生と その②

投稿日:

内視鏡学会雑誌へ症例報告を投稿してみた:実践編 F田先生と その①

F田先生には、文献を多量にゲットしていただき、その後

代表的な論文を参考にしながら作業をすすめてもらいました。

Case report は事実の羅列なので、Ⅱの症例は簡単です。
考察もつくってきてくれました。

要旨

Ⅰ緒言   

Ⅱ症例

Ⅲ考察

Ⅳ結語 

というカテゴリの中ではⅢが最も大変かもしれません。
今日はⅢについてのミーティングです。

考察の書き方

過去の文献と自分の症例を比較しながら、一致するところ、不一致である点をのべて

今回の検査や処置の妥当性について検討しました。

診断が難しいLECの症例でしたから、考察の書き方はF田くんもすごく悩んだようです。

訂正前の考察には

①先行文献の羅列(たくさんの内容が入っていました)
②今回の症例や提示した文献の内容と関係ない主張が突然でてくる
という二つの問題点があるように感じられました。

 

今回の考察の指導ポイントは、

①シンプルイズベスト
②重要なことのみ書く
③ひとつのパラグラフにひとつのtopicとする
④すべてのtopicが結論へと導かれるように書く
⑤読者に伝えるメッセージはひとつ

できるだけシンプルにすることを意識してもらい修正しました。

 

このあたりの説明や指導に関しては、
「必ずアクセプトされる医学英語論文完全攻略50の鉄則」から一部引用しております。
名著です。
詳細が気になる方はご覧ください。

 

2020/05/29の宿題は、Figureの作成です。つづく

 

F田先生へ
投稿のための画像は、高画質の画像にする必要があるので↓
【完全保存版】パワーポイントだけで300dpi化する方法: Windows and Mac
も参考にしてくださいね! 
                             shunより

 

-論文

執筆者:


コメントを残す

関連記事

【完全保存版】早期膵癌診断に役立つ標本造影のやり方

標本造影とは?どう役立つか 標本造影とは、膵臓癌の術後の切除検体に造影剤を注入し、ERCP(内視鏡的逆行性胆管膵管造影)のように膵管を描出する技術です。 これにより、切除された検体上で、膵管の狭窄部が …

[医学論文]英語で査読の書き方の実際 テンプレート・例文つき

医学英語論文の査読 論文を書いたら次は査読が回ってきます。査読に必要なポイントをDENの査読のガイドラインがあったのでこれを参考にまとめました。 査読ってなに?という人のために書きました。 Diges …

学会発表後にそろそろ医学論文を書こうかなと思ったら準備すべき3つのこと

学会発表もしたし、そろそろ内容を論文にしようかな と、思うけど手がすすまない。 そもそもなにからはじめてどうやってかいたらいいんだろう??? というあなたのために書きました。 まず何をすべきか!! & …

消化器病学会雑誌へ投稿してみませんか? 指導医への道

消化器病学会専門医の取得や指導医申請のために論文があると有利です!   消化器病学会雑誌投稿規定の抜粋 (学会HPから引用改変) (2020年2月改定) (1)投稿から採否までの流れ a) …

【Revisionの極意】論文がAcceptされるために必要な返事(Reply)の書き方

ついにRevision Takamitsu先生ついに、Reviseがかえってきました!? ど、ど、どうしましょう しゅん先生、ここが正念場です。期限もあると思いますので、しばらくはReviseに全集中 …

【徹底解説】EUS channelをまとめて追加コンテンツを多数追加し一冊の教科書にしました。EUSスクリーニングからFNAまで徹底解説しております。前半は無料公開中です。本書を読めば、EUSを短期間でマスターする助けになります。

世界一やさしいコンベックスEUSの教科書:note

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

#今日のeus #nikebyyou

EUS channel(@euschannel)がシェアした投稿 –

Twitter でフォロー

超音波内視鏡(convex EUS)は本当に導入が難しい技術の一つです。また安全のために抑えるべきポイントを理解していないと穿孔することもあり危険です。導入したいと思いながらも導入できない施設も多いのではないでしょうか?

私達の学習メソッド(コンベックス型超音波内視鏡(EUS)トレーニング法 ・描出のコツ:目次 )では約3ヶ月で通常のスクリーニングができるようになります。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。