【保存版】消化器内科英文論文投稿 impact factorのまとめ

2 min 370 views
しゅん

しゅん

こんにちは!「EUS channel」のブログ運営者のしゅんと申します。 O型で趣味はEUSです。某EUS・ERCP high volume centerに勤めています。

EUSが好きすぎてこのサイトを作りましたが、もともとは白黒画像のEUSになんて全く興味はありませんでした。しかしEUSを実施するにつれて、早期膵癌の発見、ソナゾイド造影の美しさ、EUSガイド下ドレナージの患者満足度の高さを知るうちにどっぷりつかってしまい、自分自身にとって無くてはならない手技・存在になっていました。また、多くの膵がんの患者様を診療する中で、早期発見のためのEUSの大切さを実感するようになりましたが、全国でのEUS普及率はまだまだ低い状況であることもわかってきました。私の目標はこのサイトを通じてEUSを世の中へもっと普及させることで、日本全国の膵がん患者の予後改善に寄与することです。駄文ですが読んでいただければ幸いです。

消化器内科英文論文 Impact factorのまとめ 【2021年度版】 

消化器内科 impact factor 2020

Gut 19.819

Gastroenterology 17.373

American Journal of Gastroenterology 10.171

Clinical Gastroenterology and Hepatology 8.549

Endoscopy 7.341

Gastrointestinal endoscopy 6.890 

Journal of gastroenterology 6.132 (消化器病学会)

Digestive endoscopy 4.774 (内視鏡学会)

Endoscopic ultrasound 4.489

Journal of Hepato-Biliary-Pancreatic science 4.16 (胆道学会)

Scientific report 3.998

Surgical endoscopy 3.747

World journal of gastroenterology 3.665

Pancreatology 3.629

Digestive and liver disease 3.57

Therapeutic advances in gastroenterology 3.52

Pancreas 2.92 (膵臓学会)

Ultrasonography 2.89

Digestion 2.692 (消化管学会)

Oncology 2.642

Journal of gastroenterology and hepatology 2.198 

Diagnostics 2.36

Scandinavian journal of gastroenterology 2.13

Turkish Journal of Gastroenterology 1.111

Arab journal of gastroenterology 1.013

Internal medicine 1.005

Journal of medical ultrasonics 0.898 (超音波学会)

Clinical endoscopy 0.64

消化器系の論文投稿先の選定にお役立てください。

impact factorと投稿先の情報のまとめです。日本の学会の英文誌をわかるように修正。
学会指導医の取得などに学会雑誌への投稿が必須となります。

ゆっくり更新予定です。

投稿先の変更のためにはEndnoteがおすすめ

Endnoteを使うと、論文の投稿先に合わせて簡単に引用文献の形式を変更できます。

 

 

世界一やさしいEUSの教科書 目次|コンベックス型超音波内視鏡(EUS)のはじめ方から奥義まで

しゅん

しゅん

こんにちは!「EUS channel」のブログ運営者のしゅんと申します。 O型で趣味はEUSです。某EUS・ERCP high volume centerに勤めています。

EUSが好きすぎてこのサイトを作りましたが、もともとは白黒画像のEUSになんて全く興味はありませんでした。しかしEUSを実施するにつれて、早期膵癌の発見、ソナゾイド造影の美しさ、EUSガイド下ドレナージの患者満足度の高さを知るうちにどっぷりつかってしまい、自分自身にとって無くてはならない手技・存在になっていました。また、多くの膵がんの患者様を診療する中で、早期発見のためのEUSの大切さを実感するようになりましたが、全国でのEUS普及率はまだまだ低い状況であることもわかってきました。私の目標はこのサイトを通じてEUSを世の中へもっと普及させることで、日本全国の膵がん患者の予後改善に寄与することです。駄文ですが読んでいただければ幸いです。

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す